女性が接客する点だけでしょ?ガールズバーと一般的なバーの違い

みんなはガールズバーと一般的なバーの違いって知ってる?
名前にガールズがついてないだけだし、同じようなお店じゃないの?って感じだけど、実はいくつか違う点があるんだよね。
私も最初は全然わからなかったけど働いてるうちに理解してきたから、どんな違いがあるのか詳しく説明していくよー!

ガールズバーと一般的なバーは『求人に載せる募集職種』が違う

まずガールズバーと一般的なバーのそれぞれの求人を見てもらうとわかるんだけど、募集職種が違うんだよね。
ガールズバーは「カウンターレディ」っていう形で募集してて、一般的なバーは「バーテンダー」っていう形で募集しているのが基本かな。
それから他にも「カウンターガール」とか「カウンタースタッフ」と書かれているところもあるけど、どちらもガールズバーの募集でよく見る表記の仕方だね。
ただ、中には普通のバーでもこの表記の場合もあるから気をつけて!

これを知らないと「ガールズバーで働こうと思ってたのに、いざ入ってみたら普通のバーだった」なんてことにもなりかねないから、応募する前に必ず求人情報をよく見てねw
それでもわからなかったらお店に直接確認した方が良いよ!

ガールズバーと一般的なバーでは『店舗名のつけ方』に違いがある

どちらのお店にもそれぞれ名前が必ずついてるんだけど、実はこの店舗名のつけ方がちょっと違うんだよね。
まずバーの場合はあまり聞きなれない単語が名前のお店がたくさんあって、外国語で○○○を意味したものとか、大人の酒場っていうイメージが強いからお洒落でかっこいい感じが多い!
ガールズバーの場合は逆で聞きなれている単語の名前がついてるお店が多いから、バーのようなお洒落さを出さずにガールズバーっぽいなってわかるようになってるかな。

ガールズバーと一般的なバーでは『お酒に関する本気度』が違う

どちらもお客さんにお酒を提供するというのは同じだけど、バーテンダーとカウンターレディではお酒に対しての本気度が全然違うよ!
バーテンダーとして働くならプロとして本格的なものを求められるから、正しい作り方とか種類とか知識が豊富じゃないと務まらないんだよね。
だから素人がやっていくには難しいし、経験者の方が採用されやすいかもしれない。

カウンターレディの場合はお酒の作り方を知らなくても採用されるし、働き始めてから教えてもらうのが基本!
お店には本格的なお酒を飲みに来ている人は少なくて、女の子との楽しいお喋りを期待して来る人がほとんどだから、プロのような腕前じゃなくてもOKなんだ。
働いていくうちにだんだんお酒に関する知識もついていくし、求められる本気度は低いから精神的にも楽という点では、ガールズバーの方が働きやすいのは間違いない!w

ガールズバーは若い女性のみがバーテンダーを務める

働いているスタッフにも違いがあるよ。
一般的なバーのバーテンダーは女性も男性もいるし、年齢も幅広いのが特徴だけど、ガールズバーは若い女性ばかりなのが特徴だね。
バーは店員さんと話すこともあるけど、あくまでお酒をメインに楽しむところで、若い女性が働いているイメージはそこまでない!
逆にガールズバーは若い女性たちを目当てに来るお客さんがほとんどで、お酒よりもキャストが売りっていう感じだから、名前に”ガールズ”って入っている通り、年齢が若めの人を積極的に採用してる傾向があるね。
お店には若い女の子ばっかりだからある程度働いた人は辞めることも多いし、お酒に関して興味が出てきたから、レベルの高いバーに移るってバーテンダーになるっていう人も中にはいるよ。

ガールズバーにはインセンティブが発生する

普通のバーで働くバーテンダーは、会社員のように毎月の給料が固定だったり、バイトでも時給で計算されることが基本。
ガールズバーのバイトは時給が決まっていてそれを元に計算するんだけど、それとは別にインセンティブが発生するんだ!
インセンティブは毎月の給料とは別の頑張った時にもらえる報酬のことで、ガールズバーでは例えばだけどドリンクを注文してくれたら一杯につき100円もらえる。
お客さんが注文してくれないと意味ないから、相手が頼みたくなるような接客力が必要だけどね!

お店によって何を達成すればインセンティブが派生するのかは違うけど、給料以外にも稼げるチャンスがあるのはマジでありがたいよ!
自分の努力次第によってはどんどん給料が上がっていくからモチベーションが上がるし、とにかくたくさん稼ぎたい女子はガールズバーがオススメ!