知らないと怖い─未成年がガールズバーでバイトする際の注意点と法律

メイクやファッションにも関心が高くて、良いコスメや良い洋服を買いたいっていう欲がある若い子も多いし、将来のために今からお金を貯めたいって思ってる子もいて、そのために高時給なガールズバーのバイトを選ぶというケースも多い。
確かに若い女の子から人気の仕事ではあるし、実際に働いてる女の子はたくさんいるんだけど、ちゃんと法律を理解してから働かないと、色々怖いよってことをみんなに知ってほしいんだ。
現在未成年で働きたいと思っている人も中にはいるかもしれないけど、未成年ほどしっかり理解しておかなくちゃいけないから、これから注意してほしいことと法律について教えてくね。

未成年といっても18歳未満か以上かで法律が異なる

ナイトワークは営業時間のこともあるし、お酒が提供されているお店がほとんどだから、漠然なイメージで「未成年は働けない」って思ってる人が多いんだよね。
でも、実際は未成年といっても18歳未満か以上かで法律が違うの。
ガールズバーは風営法の中でも「深夜酒類提供飲食店」に分類されていて、キャバクラとは違って深夜にお酒を提供できる飲食店扱いになっているんだけど、制限を守っていれば未成年も雇用できるんだよね。
このあたりはガールズバーとキャバクラの違いの記事でも解説してるよ!

どんな制限があるのかというと、

・18歳未満の子に接待をさせないこと
・午後10時以降ー日の出の時間に働かせないこと

これは風営法と労働基準法の中にあることなんだけど、18歳に満たしてない場合だと、悪影響がある可能性が高いから法律が決まってるんだ。
ガールズバーは普通の飲食店扱いだから、18歳になっていなくても働くことはできるんだけど、午後10時以降は働けないから気をつけてね。
時間関係なく深夜も働きたいという人は、必ず18歳を迎えてからっていうことを頭に入れておいて!

アルコールの飲酒は絶対に断ろう

ガールズバーではお酒を取り扱っててお客さんに提供するから、キャストの女の子が作ることがあるんだけど、お酒に関しては注意しなくちゃいけないからよく見てほしい!
まず飲酒は20歳未満は禁止だから、未成年で飲んじゃうと法律違反だから絶対にNG!
ガールズバーは18歳以上で働けるんだけど、お客さんはキャストの年齢をしっかり聞かない限り、見た目と働いてるっていうことだけで成人しているって思いこんじゃう人が多いの。
未成年でも大人っぽい子はたくさんいるし、ましてや深夜に働いてたらそう思っちゃうこともあるかもしれないけどね。
でも、勘違いしている人からお酒を勧められた場合でも、そのまま受け入れちゃうのはダメだよ!

もしお客さんから勧められることがあったら、ちゃんと「成人してないので飲めません」って断ること!どうせバレないだろうと思って少しくらいなら・・・って軽い気持ちで飲んじゃいけないから!
もしどんなに断っても聞いてくれなくて飲ませようとしてくる人がいても、絶対に飲まずにお店のスタッフに間に入ってもらって対応してもらうようにしてね!

18歳未満の未成年がガールズバーで働いた場合

未成年がガールズバーでバイトする場合は、気をつけなくちゃいけないってことがわかってもらえたと思うけど、中には法律に反して働かせているところもあるから、お店選びにはマジで慎重にした方が良いよ!
もし未成年を働かせていることが発覚した場合には、お店や本人にどんな罰則があるのかということも知っておいてほしいから説明するね。

店への罰則は

ガールズバーなら18歳未満でも働けるってさっき書いたけど、夜10時以降~日の出は禁止だから、その時間帯に働かせていたら罰則対象なんだよね。
この場合違反しちゃうと、「6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金」が科せられるから、お店側は未成年の雇用に関しては十分に注意しなくちゃいけない。
それからガールズバーは元々接待行為が禁止だけど、もし接待を未成年の子にさせていた場合は、「1年以下の懲役、または100万円以下の罰金」!
18歳になっていないのを知ってて接待行為を容認しているようなお店は、絶対安全じゃないから働くのはやめとくべきだよ。

未成年女性への罰則は

これからガールズバーで働こうと思っているなら、一番気になるのは「未成年の子が働いた場合には、どういう罰則があるのか」ってことだよね。
実はほとんどの場合が罰則にはならないの。
本人が名前や年齢を偽ってたり、極めて悪質なことをしてる時は対象になる可能性があるけど、大体は補導という形で済むんだ。
でも、罰則にならないからといって働いて良いというわけではないし、法律違反は人として絶対にしちゃいけないから、しっかり守って安全に働くようにしてね!!